夏休みには5泊6日で北海道をたっぷりと満喫

王道ゴールデンコースを楽しもう

旅のプランニングはコース選びがとても重要です。夏休みに5泊6日で北海道を満喫するならば、多くの有名観光スポットを巡ることができます。以下は一例です。まずは新千歳空港から出発し、富良野美瑛エリアを巡ってみましょう。ラベンダー色に染まる初夏の大地である花道街道(国道237号線を)を巡り、そのまま北上して丘の町美瑛の絶景を楽しみます。さらに北上して旭川に入り、独特の展示方法で人気を集める動物園を見学します。旭川からは国道39号線を東へと向かい、北見と網走を目指します。網走でオホーツク産の海鮮料理を楽しみ、世界遺産に登録された知床半島の絶景を眺めます。そして知床横断道路を通って羅臼の町を通り、進路を西に変えて屈斜路湖まで進みます。更に摩周湖や阿寒湖のレイクビューを楽しみ、そのまま南下して釧路湿原の雄大な景色を楽しみます。最後は釧路空港でフィニッシュです。

レンタカーを借りて移動しよう

広大な北海道を5泊6日たっぷりと満喫するならば、レンタカーを借りて移動することがおすすめです。ただし夏休みなどの観光シーズンにはレンタカーの確保が難しくなるため、なるべく早めに予約しておくと良いでしょう。レンタカーの予約にはいくつか方法があり、最も一般的なのが電話やインターネットで予約することです。特に初めてレンタカーを借りる場合は聞きたいことがあるので、電話で申し込むと分からないことが聞けて安心です。また旅行会社のフリープランを利用する場合は、レンタカー付きのプランを選ぶと確実に確保できます。さらに航空会社によっては、ホームページなどで航空券とともにレンタカーの予約ができてしまいます。航空会社によっては各種割引サービスがあるため、事前に確認することをおすすめします。

ニセコツアーには、季節に合わせて、冬はスキーやスノーボード、夏はラフティングやトレッキングといった様々な体験ができるツアーが用意されています。