ゴールデンウィークならゆったりと3泊4日

道央地域を巡る3泊4日の北海道旅行

道央地域には全国各地の主要空港から直行便でアクセスできる大規模な空港が存在します。さらに空港がある市からは、快速電車や特急を利用して道央地域の幅広いエリアまでスムーズに向かう事が可能です。そして、道央地域への3泊4日旅行を計画するならば、まずは空港から快速電車に乗ると約45分で着く県庁所在地に行ってみる事をおすすめします。この県庁所在地は人口約200万人の大都市で、ホテルの上層階に宿泊した際は素晴らしい夜景を楽しめます。そして、中心街に有名な観光地が集中しているため、タクシーなどを利用する必要がありません。2日間この都市に宿泊したら、3日目は西隣の港町に行ってみるのが良いでしょう。この街は寿司店が多い事で知られていますが、回転寿司店では絶品を安価で堪能できます。4日目は快速電車に乗ると空港まで直通で向かえます。

道東地域を巡る3泊4日の旅行

北海道東部に広がる道東地域は、都市開発が年々進む道央地域とは対照的に豊かな自然が今もなお残されています。そういった意味で、利便性は高くなくてもいいので、とにかく大自然と触れ合いたいという人には大変おすすめの地域です。この地域を旅行する際は飛行機でアクセスするのが一般的ですが、3泊4日の旅行をするならば道東地域北部に位置するオホーツク海付近の空港に向かう事をおすすめします。そして、この空港から電車で北側の都市へ向かうと、GWでは流氷は見られないものの流氷関連博物館では「流氷の天使」と称される生物を間近で見られます。この街を楽しんだら2日目はレンタカーを借りて東側の世界自然遺産に登録されている地域に向かってみてください。他の地域には希少性の高い野生動物が生息していますし、珍しい植物も生育しています。

小樽市は新千歳空港がある千歳市から快速電車で直通です。そのため、全国各地から1泊2日の小樽旅行をする事が可能です